こんにちは、Yumiです。


今回は、私の体験談をもとに祝詞の持つ力をお伝えできればと思います。

「本当にぃ?」

そんな感じの内容ですが、ついて来て頂けると幸いです。


昨年末に「お伊勢参り」をしてきました。


ご存知の方も多いと思いますが、


「お伊勢参らば朝熊をかけよ、朝熊をかけねば片参り」

と言うお言葉があり、


朝熊岳にある金剛證寺は伊勢神宮の鬼門を守るお寺で、伊勢神宮を参宮した後は、

金剛證寺へも参る事が良いとされています。


御本尊は虚空蔵菩薩様です。私の守護本尊ですので、かなりテンション上がりました。

そのため、御守など沢山頂いてしまいました・・・

この話はまた後日・・・


朝熊山の頂上には八大龍王社があります。

金剛證寺の境内から参道につながっています。

もちろん目指しました!


ハイキングコースと書いてありましたが、参道は山道でした。

天気は小雨と霧で前が良く見えず、道もぬかるんでいました。

車でも行けそうでしたが・・・頑張りました!


八大龍王社に着き、中に入りご挨拶させていただきました。

参拝させて頂き、祝詞は龍神祝詞を奏上させて頂きました。


すると、八大龍王社の龍神様が「抱負を述べよ」と仰いました。

私は、「お店「Yuj」がオープンしますので、頑張りたいです!」と言うと、

「精進しますと言い直せ」と言われ、「ヒィ~」

となりながら、言い直しました。



かなりの迫力がありました・・・


外に出たら、不思議と霧は晴れて、天候も回復していました。


下山途中には、大きな虹🌈まで見せていただき、とても嬉しかったです。


何が言いたいのか?というと


神社参拝では神様に日頃の感謝を伝えに行きます。

私はそう思っています。なぜなら神様は「いつも側で見守っている」からです。


でも、やっぱりお願いもしたいですよね。

私もお願いをしても良いと思っています。

その時は、しっかり「心を向けて」を守ってくださいね。

そして是非、祝詞を奏上してみてください。

龍神様が祀られているならば、龍神祝詞が良いと思います。

お稲荷様が祀られているならば、稲荷祝詞と、祝詞にも沢山の種類があります。


奏上すると、私が体験したような事が起きるかもしれません。

たとえ、お言葉が聞こえなくても、何かしらの「サイン」に気づくことができると思います。

「祝詞 ~Shinto prayer~」のブログにも掲載していますので、是非ご覧になって下さい。


願いが叶いましたら、お礼参りをお勧めします。




~龍神祝詞~


たかまがはらに ましまして てんとちにみはたらきをあらはしたまうりゅうおうは

高天原に坐し坐して天と地に御働きを現し給う龍王は


だいうちゅうこんげんの みおやのみつかいにして いっさいをうみ いっさいをそだて

大宇宙根元の御祖の御使いにして一切を産み一切を育て


よろづのものを ごしはいあらせたまう おうじんなれば

萬物を御支配あらせ給う王神なれば


ひふみよいむなやことの

一二三四五六七八九十の


とくさのみたからを おのがすがたとへんじたまいて

十種の御寶を己がすがたと變じ給いて


じざいじゆうに てんかいちかいじんかいを おさめたまう

自在自由に天界地界人界を治め給う


りゅうおうじんなるを とうとみうやまいて

龍王神なるを尊み敬いて


まことのむねひとすじに みつかえもうすことのよしを うけひきたまいて

眞の六根一筋に御仕え申すことの由を受引き給いて


おろかなるこころのかずかずを いましめたまいて

愚かなる心の數々を戒め給いて


いっさいしゅじょうの つみけがれのころもを ぬぎさらしめたまいて

一切衆生の罪穢れの衣を脱ぎ去らしめ給いて


よろづのものの やまひをも たちどころに はらいきよめたまい

萬物の病災をも立所に祓い清め給い


よろずせかいも みおやのもとに おさめせしめたまへと

萬世界も御祖のもとに治めしせめ給へと


こひねがたてまつることの よしをきこしめして

祈願奉ることの由をきこしめして


むねのうちにねんじもおす だいがんを じょうじゅなさしめたまへと

六根の内に念じ申す大願を成就なさしめ給へと


かしこみかしこみもおす

恐み恐み白す


神道大祓全集より抜粋


P%qYgF9qRx6DFUagh39I7A

八大龍王社到着時は霧がすごかったです。


XFL44qrISe+aMKkNF%oZpA 

参拝後に綺麗な虹を見せて頂きました🌈